理不尽な独裁者(パート仲間のボス)が存在する理由

お店で働くパートスタッフの中には店長以上の権力を持つ強者が在籍しているケースがあります。

例えば下記のような存在のパート社員です。
・週5日以上勤務
・2年以上働いている
・新人教育担当係
・支配欲が強い

この人が良識的な人格の持ち主なら問題ありません。
ただ残念ながら、お店を支配する独裁者となっている場合が多いのです。
だから他のパート社員にとっては目障りな存在以外何者でもありません。

このような独裁パート社員がいるお店の雰囲気は極めて最悪です。
必ず独裁者に媚びを売るグループと対立グループで抗争が勃発します。
このような人が存在する事に気が付いたら、そのお店はすぐに辞めてしまうのが一番です。

何故ならば、その問題人物がお店を自ら辞める事はありません。
自分の思い通りに支配している間は自分の地位を脅かす存在を攻撃しまくります。

そしてたいていの場合、お店側もその人がスタッフ間の輪を乱していると知っています。
それでも、クビに出来ません。
店長はこの独裁者をクビにすると、店が廻らなくなる事を恐れています。

飲食店にとってこのような存在のパート社員はありがたい存在です。
だから多少の新人イジメや理不尽な要求にも目をつむっている事が多いのです。

相性の悪い人との接し方

明らかに理不尽な独裁者とまでいかなくても、職場で相性の悪い人と一緒になる事も多々あります。
ここではそのような人との接し方をアドバイスします。

・笑顔で挨拶をする

どんなに相性が悪くても挨拶だけは交わしましょう。
日頃から挨拶だけでもしておけば、会話のきっかけが生まれる事もあります。
相手がそっけない返事であっても、こちらからは常に挨拶だけはしておきます。
周囲の人はあなた達の関係を観察しています。

・仕事での発見ネタを話してみる

同じ仕事をしているのだから共通の話題は仕事ネタです。
例えば常連さんの噂話をしてみるとか、出入り業者のネタとか・・・
詳しくは知らないけど、よく見る人のネタというのは結構盛り上がります。
ここで注意すべきは、内部の人を題材にするのは避ける事です。

・店長や正社員に相談する

あまりにも相性が悪すぎて仕事に支障が出るようであれば、店長や社員さんに相談してみましょう。
仕事内容の変更や持ち場の変更などを、シフトを組む時に考えてくれるかもしれません。

また人間関係がネックで悩みを抱えるようであれば、新しい職場を探してみましょう。
心機一転して、新しい事を始めるのは楽しいモノです。

このページの先頭へ